生理痛 子宮筋腫

婦人科を受診する勇気

生理不順

3年前から生理不順になるようになりました。それまでは、定期的に生理がちゃんときていて、次の生理日もある程度は予測が付きました。子供も2人出産することができ、今は2人共小学生になりました。

出産前に1度、仕事を変えた時に生理が止まり、婦人科でストレスによるホルモンのバランスが崩れたのでしょうと言われ、注射を打ってもらい、すぐに生理は再開され、その後は順調にきていました。出産後も授乳をやめるとちゃんとまた定期的にきてたのですが、3年前の1月〜3月まで生理が全くなく、4月に突然なり、その後は量や周期にもばらつきがあり、また12月になるとなくなり、4月になると来るようなりました。

 

私は極度の冷え性で、血行不良からきているのかなと思いつつも生理痛もひどく、子供ももう産むつもりもないので正直生理がないほうが生活が楽なのでそのままにしているのですが、周りからは受診したほうがいいよと言われています。自分でも行った方がいいのかなと思いつつ、妊娠中には婦人科を受診していたものの、なかなか自分自身の体のことでは婦人科を受診する勇気が持てず、いつかはと思もいつつも今も行かずにいます。

生理中の下痢

生理に関する悩み、これを抱えている女性は多いと思います。生理痛・生理不順、etc…色々とあるでしょう。

 

私の悩みは重い生理痛、もあるのですが、こちらは薬で抑えられるからいいのです。生理に関する最大の悩み、それは下痢
生理になる度に壮絶な下痢に見舞われるのです。生理が来るとその期間はずっとお腹が下ったままです。
排泄物が固形で出てくることはまずありません。ほぼ液状です。その為に肛門周りが荒れて痛みを発する始末…生理痛が本気で重い時はWパンチで本気で泣きたくなります。正露丸や赤玉、整腸剤など色々な胃腸薬を試しましたが生理中の下痢には全く効果がありません。おかしいと思い調べてみると、生理中の下痢は分泌される女性ホルモンの影響で起こるらしいのです。なので飲むならホルモンの生成を抑える生理用の鎮痛剤がいいそうです。いつも専用の痛み止めを服用していなかったから下痢になっていたんだと、やっと下痢から解放されるという期待を胸に生理用の鎮痛剤を買いに行きました。

 

でも効果がありませんでした。痛み止めだから痛みは緩和されているのですが肝心の下痢に変化がありません。もしかしたらもっと別の理由で下痢になっているのかもしれない、そう考え病院に行こうと思案中なのですが。内科と婦人科のどちらに行こうか悩んでいます。見当違いの科に行って、うちの管轄じゃない、ようなことを言われるのは居たたまれないのです。

子宮内膜症について

子宮内膜症

私は子供を産む前から生理不順は有りましたが、そんなに生理痛がひどい方でもなく、気にしていませんでした。

しかし、子供を産んだ20歳前半頃から生理痛がひどくなり、生理の一週間程前になると仕事に行くにも、家事をするにも起き上がれなくなったり、熱を出すようになる回数が多くなり、産婦人科を受診した結果、子宮内膜症と診断されました。初めて子宮内膜症と診断された時は、トリキュラーという低用量ピルを処方され、半年くらい飲み続けましたが、子供も小さく、毎月病院に通う事が難しくなり、低用量ピルを飲むことを辞めてしまいました。

 

その後は、そんなに気にならないほどの症状だったので何もせず、約8年後、また、生理一週間前の不調が続き、また、産婦人科を受診したところ、子宮内膜症と診断され、低用量ピルかホルモンバランスをコントロールする、注射をするかと選択を迫られ、コストのことも有り、また低用量ピル、ルナベルという種類の薬を処方されて3か月間試しましたが吐き気と頭痛に襲われ、今はヤーズという低用量ピルを飲んでいます。ヤーズに薬を変えてからは副作用も現れず、快適な生活を送れるようになりました。しかし、低用量ピルは、症状を治療するのではなく、和らげるだけなので、いつまで低用量ピルで我慢できるのかわからず不安です。

バルトリン腺が詰まるという症状

外陰部が腫れて痛みはなかったのですが、なんともうっとおしいように感じ、病院へ行きました。

 

結果、バルトリン腺がうまく排出できずに詰ってしまっているとのこと。中高年に多いとのことですが、普通は片側のみ詰る人が多いとのことですが、私の場合、左右両方とも詰ってしまい、左側に直径3cm位のしこりと右側に直径1cm位のしこりができています。通院当初は、しこりというより、全体的に腫れた状態で、まずは抗生剤(錠剤)と消炎剤(塗り薬)を処方してもらい、1週間様子を見て、腫れがひかないようなら、注射器で中の膿を出しましょうと言われていました。

 

結果、腫れはひいたもののしこりが残っている状態で、注射器で抜くか様子を見るかとのことだったのですが、かなり痛いらしいということで、今は様子を見ている状態です。この後は、注射器で膿を抜く、バルトリン腺が分泌できるよう穴を形成する、最悪はバルトリン腺そのものを除去するとのことです。せめて、穴を形成するレベルで終わってほしいと、今は切実に願っています。